スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークキャンプ十日目

今日は、道を切りひらいた。
文字通り。
雲が太陽を隠したのを見計らってワークをする、っていうのが定番になった。今日は比較的雲が多かったから作業も進んだ。ということで一番遠い滑り台にもやっと手が届き始めた。でも先は遠すぎるし時間は残り少ないから、リーダー2人は直に滑り台の周りを。あたしはそこまでの道を作る担当になった。そう。あたしが、自分の手で、道を切り(刈り?)ひらいてく。やってることはいつもと同じなわけなんだけど、道!ってなったらなんだかわくわくしちゃって、汗が流れるのも気にせずに無我夢中で刈ってた。自分の手にも気づかないほどに。痛かった。
自分でも驚くくらい、不思議に思うくらい、わくわくしてて、楽しくなってて。なんだかんだ自分で自分の道を作ってくのが好きなんだなあ。と思った。旅に出たのもそういう思いがあったからこそなのかな。心なしか最初よりも幅が広くなってる。
あと、平らな公園で感じた山と谷。今日はスペンサージョンソンのPeaks and valleys 頂きはどこにある?っていう本を読んで、ああーまさにあたしが感じてることだなあ。と思った。自分の思ってることを、誰かが言葉にしてるのに気づくのは、あたしが一番好きなことの一つ。
同じワークキャンプに参加してても、人によって感じ方が違って、それによってワークキャンプも変わってしまう。もちろんその人の経験も。
へこむことがあっても、それに対してわくわくできないかな?って考えて見る。そうすると、少し気分が楽になった。
今日Mareikeは、まったく刈らないことを決めたらしく(I don't cutって言ってた)日陰に座ってるか、日陰のブランコに座ってるか、3人が刈った草をまとめて外に出すか。のどれかしかしなくて、話さないし、笑わない。あたしは今日はいつもにまして頑張ったのか、なんだかへとへとだった。でもなんで笑ってるの?って聞かれるくらい笑顔だった。笑 あたしにもわからない。笑 2人はタミル語で話してるから何言ってるのかわからないけど、雰囲気でなんとなくけなしてるのはわかったりとか、ひたすら真似したりとか、楽しんでた。
今日も子供達の授業にお邪魔させてもらって、本当は授業が見たかったんだけど、やっぱり自習だった。みんな自分のペースでやってるし、近くに行って見るのは出来るけど、具体的に手伝ってあげたいと思っても言葉で説明できないから難しい。
Mareikeが話しかけてきて、あたし達にできることはないね。って。あたしも同感だった。この状況では。そしたらMareikeは端っこに用意してもらった椅子に座りに行った。あたしは、子供達に混じってタミル語勉強してた。と言っても見様見真似で写してただけだけど。でも子供達が褒めてくれて、嬉しかった(^^)賢い男の子達が、数字がわからない女の子に辛抱強く教えてあげてるのを見ながら、一緒に数字覚えて見たり。楽しく過ごした。
今日はなんだか怒ってたらしいMareike。毎晩のミーティングで、もう芝刈りはしたくない。もっと子供達とのワークがしたい。と主張。おおお。自己主張できるってやっぱりすごいなああ。と思って聞いてあたし。じゃあ具体的にどうしたいの?と聞かれると、んー、わかんないけど、Moekaからもなんかあると思う!とかいきなり振られた。えええ。なんも考えてなかったんかー。そしてなんも意見を言わないんかい。とびっくりした。別にあたしが好きなようにできるってことだからいいけど。ということで明日の午後、子供達に英語を教える時間があるかもしれない!まあ、本当にできるかどうかは五分五分だろうなって思うけど。てかそういう時間を取れるかどうかは予め先生と話し合っておいて欲しい。でもわくわくして、何ができるか考えて色々考えちゃう(^^)
つまりの今日のまとめは、何でもわくわく楽しいことに変えられるのは特技なんじゃないかなってこと。以上!くたくたすぎておやすみなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もえか

Author:もえか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。